TSデザインが考える本物の健康住宅~地震に強い家

地震大国、日本

実は、小さな地震は毎日国内のどこかで発生しています。
大きな地震も、いつ起こってもおかしくないような状況です。

私たちが住んでいる日本は、地震・火山噴火などの災害が発生しやすく、「地震大国」と呼ばれています。
世界全体に占める日本の災害発生割合は、マグニチュード6以上の地震について、世界で発生した地震のうち20.5%が日本で発生しています。

また、活火山数は世界全体の7.1%がこの狭い日本に集中しています。
この割合は世界の0.25%の国土面積に対して非常に高くなっているといえます。

(地震情報サイトJISより)

そんな日本で建てる家は、地震に備えた強い家でなくてはなりません。
TSデザインでは、独自工法である「耐震ストロング工法」を採用し、地震に備えた家づくりをしています。

地震に強い「耐震ストロング工法」

TSデザインの木造住宅は、日本で古くから伝わる在来軸組工法に、海外から新たに入ってきた2×4(ツーバイフォー)工法の良さを取り入れたオリジナルの「耐震ストロング工法」を採用しています。在来軸組工法の柱と梁で支える強さと、2×4工法の面で支える強さを合わせた構造です。また壁倍率(地震の揺れに対する強度)を筋交いの2.5倍にする「合板直張り工法」も採用することで、更なる強靭さを持った構造を実現しました。

【在来軸組工法】
日本の土地・風土にあった在来工法に、金物や剛床工法をプラスした構造です。
【2×4工法】
2インチ×4インチの角材で作った枠組みに、パネルで床・壁・屋根を構成して、家全体を支える工法です。これらの工法を組み合わせた耐震ストロング工法で、地震に強い安全・安心な家をご提供致します。

安心の工務店

 

TSデザインが考える本物の健康住宅

TSデザインが考える本物の健康住宅
健康な家省エネな家
結露のない家音が気にならない家
長寿の家火に強い家
地震に強い家安心の工務店

資料請求・お問い合わせ

TEL:0120-961-011
平日:9時〜17時 土日祝:10時~16時

資料請求・お問い合わせはこちらから

相談会に無料参加予約
WEB来場予約