TSデザインが考える本物の健康住宅~火に強い家

防火のための建築制限

日本の土地は、
防火地域/準防火地域/法22条区域/無指定地域
に分けられ、万が一、火災が起きた場合に、延焼による被害を抑えるため、各地域によって建築の制限が設けられています。
【 防火地域 】
一般的に建物の密集した都市部や市街地、人口が密集した商業中心地域など、少しの災害でも大惨事につながってしまうような地域や、災害時に緊急車両が通る幹線道路沿いの地域。最も厳しい建築制限が設けられ、地域内の建物は原則、耐火建築物としなくてはならない。都市計画法による。

※耐火建築物とは?…火災が起こった場合、鎮火するまで崩落したり、延焼したりしない性能を持った建物のこと。
【 準防火地域 】
防火地域の周辺に位置することが多い、防火地域に準ずる地域として比較的厳しい建築制限が設けられた地域。
一定規模以上の建築物は、耐火建築物または準耐火建築物とすること、木造の建築物は、延焼の恐れのある部分を防火構造とすることなどの制限がある。都市計画法による。

※防火構造とは?…建物の外壁などの仕上げが、周囲で起きた火災からの延焼を30分以上防ぐことができる性能を持った構造のこと。

【 法22条区域(屋根の不燃化区域) 】
準防火地域の周りに指定されることが多い、根や外壁などの防火上の制限を受ける地域。建築基準法による。
【 無指定地域 】
防火に対しての制限を受けない地域。隣家との間隔が十分に確保でき、延焼の危険性が低い地域。
上記のように、災害拡大の危険性によって建築制限に差があります。
では、延焼の危険性が低ければ ― 無指定地域なら、燃えやすい家を建ててもよいのでしょうか?

無指定地域でも、火に強い建物を…

延焼の危険性が低ければ、燃えやすい家を建ててもよいのか?
答えは、もちろん「ノー」です。
TSデザインでは、たとえ防火に対する制限を受けない地域であったとしても、しっかりとした防火構造を持った住まいを建ててもらいたいと考えています。TSデザインのダブル断熱の外壁は、国土交通省の認定を受けた確かな構造なので安全・安心です。

日本にも長持ちする住宅を

日本の住宅寿命=22~30年程度、欧米の住宅寿命=70~140年程度。
TSデザインは、日本でも、欧米のように「長持ちする住宅」を広めたい、
先進国の中で、断然遅れをとっている日本の住宅事情を変えたいと考えました。

様々な国の住宅を知り、様々な工法を勉強していく中で、この「差」を生み出すひとつの原因を見つけました。 それは、「断熱」です。

日本の住まいは元来より、夏涼しく過ごすために、風を多く取り入れる作りになっていました。しかし、近代になり、冬の寒さをしのぐために、風を防ぐ隙間のない建物がつくられるようになりました。

すると、夏の暑い時期には、湿気が室内にこもり壁内の柱などの構造体等に吸収され、冬の寒い時期には、窓周りや壁面では、室内と室外の温度差により水滴(結露)が発生し、水が家の構造内部へと浸透していきます。

そうした水分が、建物を支える構造体を腐らせたり、カビの発生を助長したりし、家の寿命を縮めているのです。

住宅の寿命を長くするには、断熱性能を高め水分のコントロールができる住宅が必要となります。
TSデザインでは、独自に開発した「ダブル断熱」で水分をコントロールすることにより「長持ちする住宅」を実現しました。

地震に強い家

 

TSデザインが考える本物の健康住宅

TSデザインが考える本物の健康住宅
健康な家省エネな家
結露のない家音が気にならない家
長寿の家火に強い家
地震に強い家安心の工務店

資料請求・お問い合わせ

TEL:0120-961-011
平日:9時〜17時 土日祝:10時~16時

資料請求・お問い合わせはこちらから

相談会に無料参加予約
WEB来場予約